三俣山

2009年5月10日

 前回の黒岳では満開のシャクナゲを満喫できたので、今回は三俣山のシャクナゲの咲き具合を見たい。例年であればまだだろうが、今年のこの暖かさ(暑さ?)でいくらか咲いているのではと思い、長者原から雨ヶ池経由で登ってみることにした。
 長者原を6時に入山。今日は天気も良く、空気がさわやかで気持ちよい。樹林帯に入り、花を探しながら歩く。九重で初めてギンリョウソウを発見した。
 順調に雨ヶ池に到着し付近の花を探したのち三俣山に取りつく。以前よりルートがわかりやすく、しかも歩きやすくなっていた。このルートを利用する人が増えてきたということだろうか。とはいえこのルートのきつさは相変わらず。あえぎつつ北峰との分岐に到着した。ところが、あたりのシャクナゲはつぼみばかり。まだ咲いていないのかとがっかりしたが、よく探すとわずかに咲いていた。歩きながら探してみると、坊がつる側の斜面には咲き始めたシャクナゲがちらほら見える。だが大鍋壁の群落はまだほとんどがつぼみだった。続いて北峰から本峰へ至る急斜面の開花状況を確認。ここで咲いているとうれしいのだが、残念ながらこちらも咲いていなかった。
 気を取り直して本峰へ登り、南峰で昼食。その後、のんびりとW峰→西峰と経由してすがもりに下った。

大曲に自転車を置く→6:00長者原出発→7:30〜7:40雨ヶ池→8:40北峰分岐→9:05大鍋→9:35本峰→9:50〜11:05南峰(昼食)→11:15W峰→11:35西峰→12:00〜12:10すがもり越→12:45大曲→自転車で長者原に下る


瀬の本経由で牧の戸へ向かう途中、展望所で阿蘇五岳を撮影。
ちょっと霞んではいるが、今日はよい天気のようだ。


6時に長者原より入山。朝日を浴びた三俣山を見ながら快適に歩く。


樹林帯に入るとそこは鮮やかな緑に彩られていた。


登路脇の花を探しながら歩く。
まずはユキザサ。


ホウチャクソウ


九重連山で初めて見つけたギンリョウソウ。実に18年ぶりの再会である(18年前は地元の佐伯で見つけた)。


見上げると新緑が美しく広がっている。


雨ヶ池が近づくと三俣山が見えてきた。
手前の新緑も三俣山の新緑も美しい。


雨ヶ池に到着。付近を少し散策してみることにした。


ハルリンドウの美人5姉妹


クサボケ


長者原方面から雨ヶ池に入ったすぐのところに三俣山へ向かうルートの入り口がある。
以前はわかりにくかったのに、しっかりと踏み跡がついていた。
それだけこのルートを利用する人が増えたということだろうか。


すぐに天ヶ池に到着。池に写る三俣山を撮影した。


登路脇にはスミレが乱れ咲いている。励ましてくれているようだ。


このルートはかなりきついルートだ。
場所によっては木の枝や根をつかみながらよじ登るところもある。


ようやく北峰へと向かう分岐に到着した。
だがあたりのシャクナゲはどれも固いつぼみで、咲いている花はない。
せっかくここまで登ってきたのにとがっかりする。


よく辺りを探し、ようやく咲いている株を見つけた。


もう少しで咲きそうなつぼみも。


北峰をバックに撮影してみた。


どうやら坊がつる側の方が早く咲いているようだ。そこで大船山をバックに撮影。
ちなみにこの写真は花に近づけなかったため、手をいっぱいに伸ばしてカンで撮ったもの。
我ながらうまいと感心してしまった。


この背景は南峰である。
シャクナゲと南峰(441KB)


大鍋へ下る途中に大きな群落があるが、ここはほとんどがまだ固いつぼみだった。
大鍋から振り返っても花の赤い色はほとんどみつからない。



大鍋を通過し、北峰と本峰の鞍部に向かう。
今日のねらいはその鞍部から本峰へと登る途中のシャクナゲだ。

どうか1輪でもいいから咲いていますように・・・。




ところが残念ながらまだ咲いていなかった・・・。
このつぼみたちはあと数日といったところだろうか。

辺りには固いつぼみの方が多かった。



気を取り直して本峰へ登る。ところがこれがけっこうきついのだ。




なんとか本峰に到着し、北峰と大鍋を見下ろす。
右向こうに平治岳、遠くに由布岳が見える。



続いて南峰へと向かう。




南峰山頂を通り過ぎ、いつものように坊がつるを見下ろすテラスに到着。


遠く由布岳を望む。

    
今日もまたここで昼食。親子丼とバナナ。ご飯はアルファ米だが、レトルトではない。
昨夜昆布だしをとり醤油とみりんを加えたものに、タマネギ・鶏肉・かまぼこを入れてできあがり。
なかなかの美味。
   


コーヒーを飲み終え片づけをして下山しようかという時に2人連れの男性がやってきた。
入れ替わるように場所を譲る。


南峰山頂から、焼けたミヤマキリシマの間を抜けてW峰へ向かう。


W峰より久住山方面を望む。久住分かれの向こうに阿蘇の根子岳が見える。
三俣山の各山頂からこの景色が見えるが、根子岳が見えるこのW峰からのアングルが一番好きだ。

九重連山(487KB)


西峰に到着。山頂ではご夫婦が楽しそうに休憩していた。


西峰山頂より星生山と久住山を望む。
だが、なにかいつもと違う。


何が違うのかはすぐわかった。硫黄山の噴煙がほとんどないのだ。
空気が乾燥しているからか、硫黄山の活動が低下しているのか?


すがもり越まで下ってきた。


三俣山を振り返る。
登る人もあれば下ってくる人もいる。


大船山を振り返って下山することにした。


大曲への下山途中、気の早いミヤマキリシマが咲き始めていた。


アセビは花期を終え、新芽の季節を迎えていた。


大曲の路肩に留めてあった自転車にまたがり長者原へと下山した。
その後、長者原から牧の戸へと車を走らせているとき、自転車で下ってくる男性を見かけた。
どうやら私と同じことを考えている方がいるらしい。




来週末(16日・17日)、さらにその翌週末(23日・24日)は土日とも休日出勤。
今のところ山行の予定が立たない。
だがこの時期、ミヤマキリシマの咲き具合も気になる。
なんとか山行できないものかと思案中である。



山行記録にもどる



inserted by FC2 system