星生山・中岳・天狗が城・久住山

2009年5月25日

 先週末は土日とも休日出勤、しかも日曜日は職場の大イベントで終日大変であった。当然その夜はお決まりの打ち上げと称する宴会である。だが翌25日(月)は振替休日で私にとっては貴重な山行日。深酒をして登れないとなると泣くに泣けない。そこでビールだけを加減して飲み、上司の酒も飲んだふりでかわして早々に帰宅。いつもと同じ早朝に自宅を出発することができた。
 平治岳のミヤマキリシマが気になってしかたないのだが、まだ山頂は2分咲き程度とのことなので来週に期待するとして、今日は仕事の疲れも残っていることだしのんびりと大曲から星生山に上がり、気の向くままに歩いてみることにした。
 季節はずれの冷たい風の吹く中、大曲から星生山へ向かう。登路脇にはミヤマキリシマが朝露に濡れながらもきれいに咲いており、立ち止まっては撮影したため山頂まで普通1時間ちょっとで着くところが1時間50分もかかってしまった。風を避け休憩していると男性が西千里浜から登ってきてしばらく情報交換。
 久住分かれでしばし思案し、結局いつもと同じように御池をめざす。御池でちょっと気分を変えて中岳→天狗と歩くことにした。天狗からは久住山へ。風を避け南側で昼食。食べ終わった頃なんだか山頂付近がにぎやかなので見てみると大量の中学生が登山していた。
 のんびり花を撮影しながら牧の戸へと下山し、朝置いておいた自転車で大曲へと下った。

牧の戸に自転車を置く→6:45大曲出発→8:35星生山→9:25久住分かれ→9:40御池→10:05〜10:15中岳→10:30天狗が城→11:00〜12:15久住山(昼食)→12:30久住分かれ→13:00扇ケ鼻分岐→14:30牧の戸


大曲に到着して見上げると山頂付近はガスに覆われていた。
青空も見えているのでいずれ晴れるだろう。

装備を調え出発。


大曲から星生山へ向かう。このルートは最初がきつい。焦らずマイペースでゆっくり登る。
登るに連れ、きれいに咲いたミヤマキリシマがちらほら見えてきた。



朝露だろうか、花びらに水滴がついている。この瑞々しさがいい。


1株1株にカメラを向ける。そのせいでなかなか進まない。
だが、こんなきれいな花を見てそのまま素通りすることなどできない。
朝露にぬれたミヤマキリシマ(496KB)


ようやくきつい登りをクリアした。だがまだ山頂付近はガスの中だ。


三俣山方面もガスに覆われている。


ガスが晴れるまではまだ時間がかかりそうだ。
撮影会を続けよう。


雲間から朝日が差してきたので逆光で撮影してみた。


ようやく山頂のガスが切れ始めたようだ。


乳首岩の周りのミヤマキリシマがきれいに咲いている。
それにして「乳首岩」か・・・う〜む・・・。なるほど。


足下には可憐なイワカガミがうつむいていた。


ようやく星生の尾根に到着し久住山を望む。
上空に見えるのは雲ではなく、硫黄山の噴煙がちぎれて飛んできたものである。


山頂標識の隣で三俣山を望む。


扇ケ鼻(右)と肥前ケ城の向こうに阿蘇五岳を望む。
今日は中岳の噴煙も見ることができた。


上の写真を撮ってから風を避けて休憩していると、単独登山の男性が西千里浜から上がってきた。
星生新道や黒岳の情報交換をしたのち、「ではお先に」と久住分かれへ向かう。



星生崎より久住山を望む。


久住分かれに到着し、ここからどう歩こうかしばし思案する。
昨日までの疲れを考え、久住山に登って下山するかとも考えたのだが、やっぱりそれでは物足りない。
いつも通り御池へ向かうことにした。



御池に到着。
私の後に到着したグループの若い女性が「わーすごい!こんなところに池がある!」と歓声をあげる。
私も初めて御池を見たときの感激は忘れられない。


御池を見下ろす岩場より、緑色の濃い天狗が城とガスかかる星生山を望む。
私の好きなアングルである。


辺りにはマイヅルソウが咲き始めていた。


九州最高峰の中岳山頂に到着。


山頂標識をカメラに納めた直後、女性にまんじゅうをいただいた。
楽しい雰囲気の6人グループだ。
下山直前、お礼に記念撮影のシャッターを押した。


大船山、平治岳、三俣山。平治岳の左には遠く由布岳が見える。


平治岳山頂付近がピンク色に色づいている。
やはり今日、平治岳に行くべきだったかと少し後悔した。


三俣山が染まるのももうすぐだろう。


九重連山と阿蘇五岳を望む。


山頂は平日の中岳にしてはかなりのにぎわい。
山頂標識の横に立った若い女性が、「私は今九州一高い女だぞ!」と叫んだ。
いいなあ。


続いて天狗が城へ向かう。



天狗が城山頂より御池を見下ろす。


天狗が城から久住山へ向かう。



久住山頂に到着。平日だというのに久住山頂は今日も多くの人でにぎわっていた。


南側の岩陰で風を避け、昼食を食べる。今日は焼きそば定食。
「うまくできた」と言いたいところだが、途中ちょっとしたトラブルがあり、
肝心の焼きそばが少し砂っぽくなってしまった。
しかしそれもまた一興である。




昼食を終えコーヒーの準備をしていると、なにやら山頂付近がにぎやかである。
振り向くと緑色のジャージを着た一団が次々と登ってきている。
どうやら中学校の学校登山のようだ。


中学生は山頂で食事をとることなく下っていった。
再び静かになった山頂で辺りの風景を撮影する。
まずは久住高原を見下ろす。右には阿蘇五岳、左にはうっすらと祖母傾山系が見える。

久住高原(449KB)


肥前ケ城(手前)と扇ケ鼻。こちらのミヤマキリシマの開花はまだのようだ。


やはりこの風景を見るのは気持ちがいい。


中学生が歓声を上げて下っていく。
中学生よりも先に下山しないと、100人以上もいる大集団を追い越すのは大変だ。
そろそろ下山することにしよう。


久住分かれまで下り、いつものように三俣山を撮影。


穏やかな表情の星生山を横に見ながら西千里浜を下る。
そういえばここを歩くのは久しぶりだ。それもそのはず、3月1日以来、約2ヶ月ぶりである。


扇ケ鼻分岐を通過すると、やがて新緑に覆われた星生西壁が見えてきた。
思わず息をのむほどの緑色の鮮やかさだ。


きれいに咲いたミヤマキリシマ


沓掛山にさしかかるあたりでヒメハギを見つけた。


沓掛山頂を越え、歩いてきたルートを振り返る。


ようやく見つけた、ツクシドウダン。
この優しい色合いがたまらない。

ツクシドウダン(486KB)


大曲から星生へ向かう途中の1本が咲いていなかったので
今日はまだ早いのかと思っていたが、出会えてよかった。

ツクシドウダン(483KB)


日の当たる南側ではコケモモが咲き始めていた。


沓掛展望台にて。


展望台周辺のミヤマキリシマはほぼ満開のようだ。


周囲にはハルリンドウもひっそりと咲いていた。


青空に映える三俣山と、遠く由布岳をカメラに納め下山した。


山行記録にもどる

inserted by FC2 system