御池

2015年11月28日


九重連山に待望の雪が降った。
しかも週末は休日出勤のない2日間。
そうなればもうこれは行くしかない。

牧ノ戸から入山。上空はくもり。
沓掛展望台に上がってみるとやはり展望はない。
沓掛の岩場を下り、周囲の雪と霧氷を眺めながら歩いていく。
久住山避難小屋で小休憩し、さらに御池をめざす。
御池で湖岸の岩を撮影し、池の小屋へ。
のんびりと昼食を食べコーヒーを飲む。
だがガスは一向に晴れそうにない。
あきらめて下山することにした。
ところが久住分かれ付近でうれしい出会いがあった。
あと数時間すればガスは晴れるかも・・・と思いながら下山した。

6:40牧ノ戸→7:05沓掛展望台→8:15扇ガ鼻分岐→8:40~9:00久住山避難小屋→9:20御池
→9:35~11:10池の小屋(昼食)→11:15御池→11:35久住分かれ→12:05扇ガ鼻分岐→12:55沓掛展望台→13:10牧ノ戸





26日(木)にこの冬最初の寒波がやってきた。
天気予報は「標高の高い山では雪になるでしょう」と言っている。
そこでネットで確認。やはり牧ノ戸駐車場にはうっすらと雪が積もっている。
さらに27日(金)にも雪が降ったもよう。
週末は休日出勤のない2日間。これはもう行くしかない。
天気は土日ともくもりの予報。少しでも良さそうな土曜日に山行することにした。
ガスかもしれないので牧ノ戸から入山し、天気次第で気ままに歩くつもり。

前日はチェーン規制が出されていたが、この日は解除。
念のため早めに出発したが、路面に雪は全くなかった。
早朝6時前に牧ノ戸駐車場に到着。明るくなるのを待って入山した。
気温は-2℃。さすがに寒さを感じる。



上空はくもり空。まあこれは予想通りだからよしとしよう。
それよりも積もった雪がうれしい。



久しぶりの雪の感触を味わうようにゆっくりと登る。



沓掛展望台に上がってみるとやはり展望はない。
まあこれも予想の範囲内。



霧氷のトンネル。これも久しぶり。



沓掛の岩場にて霧氷越しにガスの尾根道を望む。


展望がないので、周囲の雪と霧氷を眺めながら歩いていく。



クマザサに積もった雪。



アセビの木にも雪が積もっている。
突き出た小さな枝がまるで雪を喜ぶ子どものようだ。



周囲にはみごとな霧氷が次々に現れる。



扇ガ鼻分岐にて。
この霧氷の向こうには星生山があるのだが、何も見えない。



ガスの中、ケルンの並ぶ西千里浜を歩く。
この冬もこの風景を何度も見るんだろうなあ・・・。



星生崎から久住山避難小屋へと下っていく。



とりあえず避難小屋で小休憩することにした。


小屋の中には5人が休憩中。
冬装備のことで情報交換しているのを聞きながら行動食のチョコを食べる。

休憩を終え、御池をめざして小屋を出た。



御池に到着。
まだ凍結はほんのわずか。さすがに寒波3日ではこんなものか。


湖岸には私より一足先に到着した男性がカメラを構えている。
「こんにちは」と声を掛けると「ようこそ九重連山へ」のN氏だった。
N氏の後を追うように湖岸を歩く。



風と寒さによる不思議なオブジェが並んでいる。



池の小屋に到着。


小屋の中にはN氏を含め4人が休憩中。
私も小屋の一角に腰を下ろし休憩。
とりあえず昼食を食べることにした。



今日の食材。
鶏肉・白菜・白ネギ・しいたけ・しめじ・卵。



冬はやっぱり温かいうどんが一番のごちそうだ。


N氏たちの会話に耳を傾けながら食べ、
ゆっくりコーヒーを飲む。
時間がのんびり流れていく。


時折誰かが外の様子を見に行くのだが、状況は変わらず。
どうやらこのガス、少なくとも数時間は晴れそうにない。
そのうちN氏は「また来週来ますから」と下山していった。
さてどうしようか。


時刻が11時を過ぎたところで、あきらめて下山することにした。



小屋の入口で撮影した1枚。
この方向に中岳があるのだが、この状況では山頂に向かう気にならない。
まだ冬は始まったばかり。また何度も来るチャンスがあるさ。


池のほとりを周回し、下っていく。


もう少しで久住分かれに着くというとき。
登ってくる2人組が立ち止まり、私を見ている。
近寄ると、声を掛けられた。
前の職場でいつも一緒に休日出勤をしていたN先輩ご夫婦だった。
「こんなところでお会いするなんて」と久しぶりの再会を喜んだ。
もっとも奥さんとは前日の出張でお会いしたばかりなのだが、
N先輩とはなかなか会う機会がない。
佐伯市で会えないのにこんなところで会えるとは。



中岳方面へ向かうご夫婦と別れ、下っていく。



避難小屋前を過ぎて登っていると、一瞬ガスが薄れた。
すぐにまたガスに覆われてしまったが、もしかすると晴れるのかもしれない。
どうしようか、下山するか、それともどこかで晴れるのを待つか。
悩んだが、やはり下山することにした。



霧氷越しに星生崎を見上げる。



扇ガ鼻分岐を過ぎた前回と同じ撮影ポイントにて。
「霧氷がついていれば」と望んだのはかなったけれど。
この冬の宿題にしておこう。



沓掛の岩場で尾根道を振り返ったが、
ガスの深さは朝とほとんど変わっていないようだ。



牧ノ戸登山口付近ではマユミの実が雪で凍えていた。



佐伯市へと車を走らせる。
久住高原で振り仰ぐと、九重連山の上空には青空が広がっていた。
ガスはまだわずかにかかっているようだが、
あちこちの山頂では歓声がこだましていることだろう。
やっぱりもっと粘っておけばよかったかな・・・。


山行記録にもどる

inserted by FC2 system