中岳・天狗が城

2017年2月12日


休日出勤と天候のためほぼ1ヶ月ぶりの山行。
山は大雪、天気は午後に晴れる予報。
やっと雪山に登れることに期待が高まる。

私にしては遅めの7時過ぎに牧ノ戸から入山。
雪を踏みしめながら登る。周囲はガスだがこれは予想通りなのでゆっくり歩いていく。
ガスが晴れないまま、久住山避難小屋で小休憩。
完全凍結した御池を過ぎ、池の小屋で昼食。
ガスが晴れるまで待っているつもりだったが、晴れることを期待して中岳へ。
山頂でガスが晴れるのを待つ。
やがてガスが薄れ周囲が見えてきた。
待っていればもっと晴れそうだが、期間も気になる。
そこで天狗が城へ。天狗が城で御池を見下ろして下山。
下るうちに青空が広がってきた。
「やっぱり星生山に行っとくべきだったなあ」と悔やみながら下山した。

7:10牧ノ戸→7:35沓掛展望台→8:40扇ガ鼻分岐→9:10~9:20久住山避難小屋→9:45御池→9:50~11:20池の小屋(昼食)
→11:35~12:30中岳→12:50~13:00天狗が城→13:20久住分かれ→13:50扇ガ鼻分岐→14:30沓掛展望台→14:40牧ノ戸





前回の山行後、3週間山行できなかった。
基本的に土曜日は休日出勤。山行できるのは日曜日だ。だがその日曜日の天候が問題である。
1月22日は雪。ただの雪であればいいのだが、寒冷前線が通過し大荒れの予報。
早朝に久住高原まで車を走らせたのだが、安全を考えて自重しそのまま帰宅した。
1月29日と2月5日は雨。この季節でなくとも雨では山行したくない。

そういうわけでほぼ1ヶ月ぶりの山行。
職場では登山にはまってしまったOさん(すっかり「好山病」にかかってしまった)と
「雪が降らないかな~晴れないかな~」という会話を交わす日々。
ようやく山行できるようになったこの日曜日を待ちかねていた。
Oさんもお連れ合いさんと一緒に山行する予定だという。
山で会えることを楽しみにしていたのだが…。


6時過ぎに牧ノ戸駐車場に到着。下の駐車場はすでに半分ほどが埋まっていた。
今日は午前中は晴れそうにないので、急ぐことなくのんびりと装備を調える。
私にしては遅い7時過ぎに入山した。



雪の積もった牧ノ戸から入山。



雪の感触を楽しみながら登っていく。



第1展望台に上がると、沓掛山はガスで全く見えなかった。



霧氷のトンネルをくぐるのはこの冬2回目。
あと何回くぐれるだろうか。



沓掛の岩場で尾根道を見下ろす。
だがガスで見通しがきかない。
今日の天気予報は「くもり後晴れ」。
まあこんなもんだろう。



扇ガ鼻分岐を通過。
星生山は見えなかった。



西千里浜を歩いていく。
周囲の展望がないので淡々と歩くのみ。



雪と霧氷の向こうの星生崎を見上げる。



星生崎の下を通過。
久住山避難小屋とバイオトイレがわずかに見える。



深いガスのため、とりあえず久住山避難小屋に転がり込む。


中には5人が休憩中。
私も行動食を食べながら小休憩。
そのうち次々と少人数のグループが到着。
ふと入り口あたりを見ると、なんとなく明るい。



あわてて外に出てみると、わずかにガスが晴れ、久住山の山腹が見えた。
これは意外と早く晴れるかもしれないぞ。



休憩もそこそこに小屋を出て御池をめざす。
久住分かれを通過中。ガスはまだ深いが、時折薄まることがある。
このまま晴れないかなあ…



天狗が城がわずかに見える。
みなさんも晴れることを願いながら歩いているのだろう。



御池に到着し湖面を撮影。
御池は完全に凍結していた。この寒さだから当然だ。
それにしても、湖面に石を投げるのはやめてくれないかな…。



湖岸には厳冬期らしい風景が広がっていた。



御池を過ぎ、池の小屋に到着。


小屋の中には6人ほどが休憩中。座る場所には余裕がある。
ザックを下ろし一息ついた。
時刻は10時前。そこで昼食づくりにとりかかる。



今日の食材。
白菜・椎茸・白ネギ、豚肉、そしてカレー粉。



少々辛口のカレーうどんの完成。

私はかなりの辛党。
この日の2日前(金曜日)の昼食はカレーだったのだが、
全然辛くなくて不満が残ってしまった。
そこで土曜日には休日出勤後、「CoCo壱番屋」で「3辛」を食べた。
つまり今日でカレー3連チャンである。


食べ終えてのんびりしていると、次々に登山者が小屋に入ってくる。
狭い小屋はすぐにいっぱいになってきた。
すると今まで座って休憩していた誰かが腰を上げる。
その後も次の登山者が到着すると、誰かが気を利かせて小屋を出て行く。
できれば風を避けられる小屋の中でガスが晴れるのを待っていたいのだが、そうもいかないようだ。
そこで私も腰を上げることにした。



小屋の前に佇み、さてどうしようかと思案しているうち、ガスが薄れて御池が見えた。



うっすらとではあるが、中岳も見えた。
そこで、晴れることを期待して中岳に向かうことにした。



山頂直下はまさに厳冬期の九重だ。



山頂に到着。
まだガスが深く、展望はない。
しかたがない、しばらく待つことにしよう。

待っていると、小屋でも会ったOさんご一行が登ってきた。



そのうち期待通りガスが薄れ、坊がつるが見えた。よしよし…


だがガスはなかなか晴れてくれない。

ただじっと待っているのは苦手。
そこで小屋で食べようと思っていた冬のデザートを食べることにした。



そのデザートとはこれ。
作り方は超簡単。お湯を入れて注ぐだけだ。



おしるこの完成。
やっぱり寒いときには温かいのがいい。
でも辛党の私には甘かった。


おしるこを飲み干してもまだガスは晴れない。そのうちご夫婦が到着。
ご主人は「じなしの山歩記と国東半島ミュージアム」を運営しているjinashiさんだ。
「初めまして」とご挨拶して話をしているうちに、以前一度だけ会っていることが判明。
だが私はすっかり忘れていて、恐縮してしまった。
jinashiさん、今度はしっかり覚えておきます!


やがて山頂標識の反対側から、にぎやかな声が聞こえてきた。
「寒い~!」だの「顔が痛い~!」「やったー!山頂だ~!」とやたらにハイテンション。
一体何だ?と見てみると…



FBSの「ゆ~わくワイド」の収録のようだ。



さらに待っていると、ようやくガスが切れ、久住山方面が見えた。
小屋と山頂で待っていた時間が長かったため、すでに12時をとうに過ぎている。
きょうはこれでよしとしよう。



中岳を下り鞍部に付くと青空が広がってきた。



天狗が城山頂に到着。



山頂より凍結した御池を見下ろす。
湖面を歩く人が見える。
色の黒っぽいところに乗っても大丈夫みたいだ。



御池と久住山。
これで青空が広がっていればなあ…


天狗が城山頂を後にして下る。



下る途中、天狗が城の上空に青空が広がってきたが、すぐにまたガスに覆われてしまった。



星生山の上にもわずかに青空。
白い雪とのコラボがいい。



久住分かれまで下ってきて三俣山を望む。


目の前にはガスに煙る雪の星生山が見えている。
以前深い雪を踏みながら星生山の尾根道を歩いたことを思い出した。
行きたい気持ちはやまやまだったのだが、時間が気になりやめることにした。



西千里浜を下りながら久住山を振り返る。



下っていくうちに青空が広がってきた。
こんなに晴れるのなら星生山に登るべきだったな…



青空の広がる中、西千里浜を下っていく。



テレビカメラのクルーの後を追うように下っていく。



沓掛の岩場で枝に積もった雪越しに尾根道を振り返った。
久しぶりの雪の感触を楽しんだことが何よりの収穫。
今日もいい山だったな。


なお、2月18日(土)・19日(日)は両日とも予定が入っており、山行できない。
次週も日曜日は家庭の事情で山行は厳しそう。もう一度雪山を楽しみたいのだが、どうなることやら。。


山行記録にもどる

inserted by FC2 system