天狗が城

2019年3月17日


前回で終わりかと思ったのに、またもくじゅうに雪が降った。
そこで、雪景色を楽しむべく、牧ノ戸から入山。

沓掛展望台に上がると周囲はガスで全く展望がない。
しかも沓掛の岩場を越える頃には雪まで降ってくる始末。
久住山避難小屋で休憩していると、ゴマさんが到着。
とりあえず池の小屋まで行くことにして小屋を出発。
御池を経由して池の小屋に転がり込んだ。
昼食を食べ、コーヒーを飲んでもガスは晴れそうにない。
あきらめて下山することにした。
ところが空池縁まで下ると、わずかにガスが晴れてきた。
さらに青空も広がってきた。そこで天狗が城に登り返す。
強風が吹き荒れ長居はできなかったが、展望を楽しんだ。
久住分かれから北千里浜を経由してすがもり越に下る。
青空の三俣山を振り返りつつ大曲へと下った。

7:00牧ノ戸→7:20沓掛展望台→8:15扇ガ鼻分岐→8:45~9:25久住山避難小屋→9:40御池→10:00~11:15池の小屋(昼食)→11:20御池
→11:30~11:50空池縁→12:05~12:20天狗が城→12:40久住分かれ→北千里浜→13:40~13:50すがもり越→14:40大曲
→ゴマさんの車で牧ノ戸に移動





前回で雪景色は最後だろうと思っていたが、くじゅうにまた雪が降った。
ネットで牧ノ戸駐車場を確認すると、わずかに積雪しているようだ。
16日(土)はいつもの休日出勤なので、17日(日)に山行。
牧ノ戸から入山し、雪景色を楽しむことにした。

そう決めた16日の夜、ゴマさんからメール。
予定を伝えると、ゴマさんは大曲から入山するという。
久住分かれ付近で落ち合いましょう、ということになった。
さらに、「帰りは大曲に下りましょう。牧ノ戸まで私の車で送りますよ」とのこと。
それだと下山時の泥んこ道を歩かなくて済むので大助かりだ。
ありがたくその話に乗ることにした。

明けて17日早朝。牧ノ戸駐車場に到着すると、深いガスに覆われている。
しかもかなりの風が吹いており、日頃の暖かさになれた身にはかなり寒い。
ゆっくり装備を調えて7時に入山した。



第1展望台に上がったが、沓掛山は深いガスに覆われ、見えない。
もしかするとマンサクが咲いているかも、と思っていたがこれでは見えるはずがない。



沓掛の岩場の手前にあるマンサクを確認。
ようやくほころび始めたというところだろうか。



沓掛の岩場にて。
尾根道を望んでいるはずであるが、ガスで展望は全くない。
それどころか雪まで降ってくる始末。なんてことだ。


歩きながら、この雪ではなあ…とため息が出る。いっそのことここで下ろうか。
だが今日はゴマさんと山中で落ち合うことになっている。私だけかってに下ることはできない。
そこでゴマさんにショートメールを送ってみた。下山の相談をしてみよう。
…だがメールは返ってこない。どうやらすでに北千里浜を歩いているようだ。
仕方がない、久住山避難小屋まで行くとするか。


歩いていくうち、何人かの登山者とすれ違った。
みなさん山行をあきらめて下山するのだろう。
確かに、このガスと雪の状況ではそれが普通の判断だ。
それでも登っていく私は…ちょっと変?



薄く積もった雪を踏んで歩いていく。




扇ガ鼻分岐を通過。
降っていた雪がなんとかやんでくれた。後はガスが晴れてくれれば…



西千里浜を歩く。
ガスで展望がないため、とにかく淡々と歩くのみ。



霧氷越しに星生崎を見上げる。
といっても見えているのは霧氷だけだ。



ようやく久住山避難小屋にたどり着いた。


中には2人の男性が休憩中。
どうやらたまたまここで一緒に休憩しているだけのようだ。
しかも、2人ともこの辺りに登るのは今回が初めてらしい。
こんな雪の積もった、しかもガスで展望のない日になぜ、と疑問がわいてくる。
一方の方が私に「中岳にはどう行けばいいですか」と尋ねてきた。
この質問にはなかなか答えるのが難しい。久住分かれ付近はだだっ広くて目印がないからである。
しいて言えば中岳を示す標識があるのだが、その標識を教えるのがこれまた難しい。
そこでスマホでYAMAPの地図を見せて教えようとすると、2人ともヤマッパーだという。
それなら簡単、私などに教えられなくても大丈夫。YAMAPの地図を見ながら行けばいいのだから。
「お気をつけて」と送り出した。


その直後にゴマさん到着。
「今日、こんな天気でしたっけ?」がまず最初のあいさつ。
私もまさか今日、雪とガスだなんて思わなかった。
2人で休憩しながら時間をつぶし、「さてどうしますか」。
相談したところで答えは決まっている。
まさか、「ここで下山する」などという選択肢はない。
とりあえず御池、そして池の小屋まで行くことにした。


小屋を出発してすぐ、下ってきた単独男性と出会った。
見ると、先ほど小屋を出て行った2人のうちの1人だ。
中岳をめざしたのだが、分岐がわからず下ってきたという。
そこで、私たちと一緒に御池をめざすことになった。



「ここは晴れていれば左に天狗が城が見えるんですよ」と説明。
初めてなのに周囲が何も見えないというのはどんな感じなのだろう。


やがてガスの中、御池に到着。



御池の氷はやはり融けていた。
ここのところの暖かさを考えれば当然だ。



湖畔を歩いていくと、氷の破片が風で流されて集まっていた。



まるで北海道の流氷のようだ。



湖畔には霧氷に似たオブジェが立っている。
たぶんこれは強風で飛ばされたしずくが枝に凍り付いたものだろう。


それにしてもすごい強風が吹いている。
アイゼンを付けて湖畔の氷の上を歩いていくのだが、
風であおられて何度も倒れそうになってしまった。
しかも強風で体感温度も低下。こんなところに長居は無用だ。
急いで池の小屋に向かうことにした。



風によろめきながらもなんとか池の小屋に到着。
中には誰もいなかった。


中に入れば風もなく、心地よく休憩できる。
さて、とりあえず(今回はこれが多い気がする)昼食にしますか。



今日の食材。
もやし、卵、ネギ、チャーシュー。
そしてポイントとなる豆板醤。



豆板醤を効かせたピリ辛の味噌ラーメンが完成。


ラーメンをすすり、食後のコーヒーを飲む。
その後も「晴れないかなあ」と言いながら時間をつぶす。
だが一向に晴れる気配はない。
やっぱり今日は撃沈かな…
11時頃には晴れると思ったのだが…
しかたがない、下山することにしましょうか。
ここまで一緒に歩いてきた単独男性とゴマさんの3人で小屋を出て下ることにした。



小屋を出るといきなりの強風にあおられた。
思わず悲鳴に似た声が漏れる。
この先を下ると御池があるのだが、全く見えない。


御池の縁を慎重に歩き、下っていく。


空池の縁まで下ったときのこと。
わずかにガスが薄くなった気がした。
3人で足を止め、空を見上げる。
雲が速いスピードで流れていく。
時折わずかに雲の隙間から青空が覗く。
これはもしかすると晴れるかも。


待っている間に、ここまで一緒に歩いてきた男性の名前を尋ねてみた。
(うかつなことにここまで名前を聞かずにきてしまっていたのです)
すると、なんとこの方の名字にも「山」が付くことが判明した。
大分市からいらした山○さんは今日が4回目の登山だという。
1回目は由布岳のお鉢巡り。
2回目が吉部からの大船山。
3回目は男池から黒岳の天狗岩。
なんとも濃い3回である。
どれも初心者が最初に登る山ではないように思う。
そして4回目が雪とガス。
これでもう怖いものはないのではなかろうか。



3人で話をしながらしばらく佇んでいると、天狗が城の山頂が見えた。



霧氷越しに天狗が城を望む。
いいぞいいぞ!もっと晴れてくれ!



私たちの願いが通じたのか、上空に青空が広がってきた。


こうなれば先程までとはテンションが違う。
さあ、天狗が城に向かいましょう!



まるで霧氷までが私たちと一緒にバンザイしてくれているようだ。



山頂に到着。


山頂には強風が吹き荒れている。
カメラを構えるのも一苦労だ。



まずは御池を見下ろす。
吹き寄せられた「流氷」は意外にも少ししかない。



中岳の向こうに大船山と平治岳を望む。



霧氷の斜面越しに三俣山を望む。



星生山を正面に見つつ、風に向かって立つゴマさん。
ううむ、絵になる!


ようやく晴れて山頂に立ったのだからまだ風景を眺めていたいのだが、
何しろ風が強い上に寒くて我慢できない。
そこで早々に下山することにした。



天狗が城の斜面を下りながら足を止め、霧氷越しに中岳と稲星山を望む。



斜面を下り、霧氷越しに天狗が城を振り返る。
青空がうれしい。


さて、下山しましょう。



久住分かれまで下ってきた。
ここからは北千里浜を歩くことにした。
牧ノ戸に下ると泥濘の苦難に耐えなければならない。
大曲に下り、ゴマさんの車で牧ノ戸まで送ってもらう計画だ。
山○さんも一緒に下ることになった。



広々とした北千里浜を歩いていく。
先程までの強風と寒さがうそのように快適だ。



すがもり越に到着し、三俣山を見上げながら小休憩。


さて、大曲に下りましょう。



澄み切った青空の広がる中、三俣山を何度も振り返りながら大曲へと下った。


山行記録にもどる

inserted by FC2 system